太陽光発電 株式会社アイドゥ

太陽光発電に興味のある方はご相談ください
 0283-20-2155
お問い合わせ

土地活用をしたい方

アパート・マンション経営よりも低リスクの土地活用

土地を所有しているが使い道が見つからず、固定資産税を払い続けていませんか?
遊ばせている土地でも、もちろん管理に大変な手間と時間がかかります。                         

やはり土地は活用してこそ所有価値が生まれます。今までの土地活用は、アパートやマンションの経営などが一般的でした。

しかし、マンション経営は空室問題や、定期的なメンテナンス費用、住民トラブル処理など多くのクリアすべき問題点がありました。

 

リスクの少ない土地活用、それが産業用太陽光発電です!

 パネル3.jpg

マンション運営と比較した太陽光発電のメリット

  • 太陽が出ていれば何もしなくても売電収入を得続けることができる。
  • アパートやマンションとは違って手がかからない。
  • 空室のリスクがない。
  • 不動産物件は管理費・修繕費がかかるのに対し、定期的なメンテナンスを行っていれば大きな修繕がほとんどない。
  • 入居者とのトラブルがない。
  • 固定資産税の軽減措置がある。
  • 節税メリットが大きい。
  • 家賃下落の心配がない。
  • 低金利・長期固定で借入が可能。

 

太陽光発電に適した土地とは?

 

1. 日当たりが良い

   太陽光発電は、パネルに光が当たることで発電を行います。建物や木などがあると発電に影響しますので、日射を遮るものがない土地が望ましいです 。

2. 平地または南斜面

 土地の起伏が激しい場合は造成を行う必要があり、その分イニシャルコストがかさみますので造成の必要のない平らな土地が適していると言えます。

3. 近隣に電柱がある

 土地の近くに電柱が立っていなければ発電した電力を送電する電柱が必要で、最寄りの電柱までの電線や追加電柱は事業者負担になります。

4. ある程度の面積がある

 低圧連系の50kwシステムで200坪~300坪ほど、メガソーラーなら4,000坪~6,000坪ほどの広さです。

 

遊休地を収入源に

大手企業だけでなく個人の方々も遊休地を探している

全量買取制度が始まったことにより、発電した電力すべてを、購入する電力よりも大幅に高く売電することができるようになっています。この買取価格は事業として十分に成立させる事が出来る高額買取なのです。この事により設置できる土地探しが競争となり、大手企業だけでなく個人の方々も遊休地を探しているのですが、太陽光発電による遊休地活用にも期限があると考えられています。

農地で太陽光発電を考慮されている方へ

農地で太陽光を考えている場合、土地自体は平坦なので整地費用はそれほどかかりませんが基本的に農地の場合、農地転用の申請が必要となります。それぞれの農地は、周辺の市街地化の進み具合や営農条件(土壌や気候などを含め、農業に適している度合い)などによって農地転用の許可条件が違いますので、地元の農業委員会にご確認ください。

上記条件を満たしている遊休地がありましたら
太陽光発電をお勧めいたします!

2022.05.20 Friday